• ホーム
  • アフィリエイト審査で落ちた!理由と改善策

アフィリエイト審査で落ちた!理由と改善策

アフィリエイトの審査は定期的に行われているもので、この審査に引っかかるとメール等の連絡手段によって、自分のアフィリエイトが失効したりすることがあります。この際の理由としてはいくつかの事が考えられますが、まずは使っているメールフォルダを確認することを忘れないでください。
特に最近のメールは初期設定が登録外の相手だと迷惑メールフォルダに転送する場合があり、アフィリエイトの運営側からの警告メールが来ている場合に、これらを迷惑メールフォルダに移動されていて気づかず、最悪のペナルティとして完全失効という事もあり得ます。

その中でもまず気を付けたいのは、知的財産違反と呼ばれるものです。無料ゲームだから画像や音楽を分かり易くするために無断掲載しているとこれに引っかかることがあります。これは大抵の場合、先に述べた運営からの警告メールが来ているはずなので、メールを見落とさなければ知的財産違反にかかっての問題は避けられるものです。

次にアダルト関連の話です。無料ゲームはとりわけ全年齢対象の物が多く、閲覧者も当然未成年であることも多くあります。もしジャンル的にアダルト指定のモノやジャンルがカジノなどの賭け事の情報を取り扱う場合などには、サテライトサイトなどを立ち上げて、年齢制限的な問題が起こらない様に配慮しなくてはなりません。審査基準次第ですが、煙草やカジノと言った年齢制限のあるワードで引っかかる場合もありますので、サイトの規約等をしっかり見ておかないと無駄なトラブルを引き起こす場合もあります。

これらに加えて記事クオリティの問題もあります。それ自体が審査基準になるものではありませんが、記事クオリティが落ちれば、当然PV数が低下します。アフィリエイトの審査基準として当然一定のPV数が無いと落ちてしまいますので、そういう意味でも定期的な更新を行うことで、ユーザーの足を常に向けておく必要があります。
審査基準に満たず落ちてしまった場合なども、当然それに関してのメールなどでの告知は行われるはずですし、もし仮に不明な点があれば、問い合わせなどもメールで受け付けているはずですので、知的財産権の侵害やアダルトジャンルなどの様な明確な落選箇所が見当たらない場合には、積極的にこれらの問い合わせメールを出した方がいいです。特に規約違反などの場合には、規約を読んでいても誤認や誤解、もちろん見落としなどもあり得ますので、自分の改善点を探す意味でも運営側との連絡手段は封鎖しない様に、迷惑メールの設定には注意してください。

関連記事