• ホーム
  • ゲーム実況で収益化をする際の注意点

ゲーム実況で収益化をする際の注意点

アフィリエイトというと、ブログや関連記事の印象が強い方も多いかと思います。実際にそういう記事や情報サイトは多いのは事実ですが、もう一つゲームをしながらの収益化が見込める方法として、生放送や動画によるゲーム実況というジャンルがあります。
実際に自分がプレイしているゲーム画面を録画したり、配信して見てもらうことで直接的だったり、関節的に収益を得る方法です。youtubeが特に有名ですがTwitchやニコニコ生放送と言ったいろいろなサイトがありまして、実はyoutubeよりもニコニコ生放送やTwitchの方がゲームジャンルにおいてはリスナーが多かったりします。これらのサイトには動画の前に広告再生があったり、脇に広告クリックタイプのバナーがあったりと便利なモノが多く、なおかつTwitterと連動しているなど便利な点も多いです。

ゲーム実況プレイと呼ばれるこれらの生放送は、本当のサッカーや野球の様な解説者だとかゲストを招いてといったものではなく、殆どは自分たちでゲームをプレイして、その中でテクニックだったりタイムラップを披露するスーパープレイと呼ばれるモノと、初見でプレイしてみたなどの本当にただ遊んで感想や楽しみを共有したりするモノだったりします。そういう意味では、実況なんて呼ばれますが、感想ブログなんかに感覚は近いかもしれません。これらの利点として、まず生放送実況であれば、リアルタイムにユーザーの声を聞けます。
もちろん批判的意見もあれば、最初は一人でしゃべっているだけなんて状況もあり得ますが、これは非常にユーザーの声を聞きやすく、参考になる部分が大きいはずです。同時に生放送実況はゲームに対しての不適切発言があった場合には非常にユーザーに睨まれることも多いので、こちらをやる際には十分な注意が必要です。

それを避けるために、似たジャンルで動画実況というものがあります。こちらは録画データをアップロードする形になりますので、不適切な発言や個人情報につながる何かが起こった際に、それを削除してから投稿するなど、動画実況の方がリスクは少なくなると言えます。
ただ、どちらにも言えることは、ゲームを映像として流すので著作権が大きくかかわってきます。これは生放送サイト側の規約もあれば、ゲーム側の著作権に関する規約もあるなど、全面的にダメではなく、どこまでなら良いなど結構細かく取り決めがある会社もありますので、配信を行う前には一度は目を通す必要があります。当然違反すれば取り締まりの対象となりますし、警告を無視すると取り締まりを通り越して法的問題に発展することもあり得るという事だけは理解してから始めなくてはなりません。
その分だけ、リスナーの反応はTwitterなども連動させれば届きやすく、答えやすいので、広告クリックや広告再生と言った収益になる可能性はブログとかよりも少し高いとも言えます。

関連記事